調理器具のそれぞれの手入れ法

>

フライパンや鍋を長持ちさせるには

フライパンのお手入れ法

基本的に、鉄製のフライパン以外は空焚きや高温調理を長く続けるのはフライパンを痛める原因となるので、避けた方が良いようです。
洗い方としては、中性洗剤をスポンジにつけて洗うのが一般的です。
鉄製フライパンは、こびりつきやすいし重いし苦手、という方もおられるかもしれませんが、扱いに関してはこれほど楽なものはないと私は思います。
通常、調理の後すぐに水を張ったりするのはフライパンを痛める原因になるのでやめておいた方が良いのですが、鉄製フライパンに関してはこの限りではありません。調理後すぐに水を張っても大丈夫ですし、洗う時は基本的に洗剤は使わずタワシでガシガシと洗います。
鉄製フライパンは、使用前に油ならしといって、最初に空焚きをしてフライパンを温めてから油を入れてフライパン全体に馴染ませる作業をすれば、こびりつきはそれほど気にならなくなるので是非使ってみてください。

ステンレス鍋やアルミ鍋のお手入れ法

アルミ鍋はとても軽いのが特徴です。熱伝導率も高く、食材に素早く熱が回り、料理が手早く出来るということで、人気があります。
普段のお手入れとしては、使用後に中性洗剤で洗い良くすすぐのが一般的です。
金属タワシの使用はすぐに傷ついてしまうので避けましょう。
アルミ鍋の買い替え時は分かりやすく、傷や変形が目立ってきた時です。柔らかい素材なので傷がついているところから穴が開いたりしやすくなるので注意が必要です。
そしてアルミと同じもしくはそれ以上に人気があるのが、耐久性が高いステンレス鍋です。これは長時間使用してもほとんど劣化しないので、毎日使うのに非常に重宝されます。錆びにくく、手入れが簡単なことでも人気です。
普段のお手入れも、中性洗剤で洗いよくすすぐだけで大丈夫なので、上手に使えば長持ちします。特に買い替えの目安もありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る