調理器具のそれぞれの手入れ法

>

長く使うことで馴染んでくる

包丁は洗いっぱなしで放置しない

包丁なんて、毎日洗っていれば何の問題もない、と考えている方が多いのではないでしょうか。
確かに使い終わった後、台所用洗剤をスポンジにつけて洗っていれば清潔さは保てます。ただよくあるのが、洗いっぱなしで自然乾燥させることです。何の問題もなさそうですが、実はこれがサビの原因になるということなので注意が必要です。
洗い終わったら必ず拭いて乾燥させましょう。
あとは、定期的に包丁を研いで切れ味を保つことも重要なポイントになります。今はスーパーにも簡単に包丁を研ぐことが出来る道具があるので常備しておくと便利だと思います。
きちんと研いである包丁と、購入以来研いでない包丁とでは、切れ味も全然違います。料理の時間も短縮できるのではないでしょうか。
料理の時間が短縮出来ればその分ゆとりも生まれます。その時間は少し自分のために使えると嬉しいですね。

まな板の手入れはどのように行うのか

使い終えたまな板は、何を切ったかにより少々手入れの仕方は変わりますが基本的なことは変わりません。
スポンジと水で洗い、仕上げに熱湯をかけて消毒し、ふきんでしっかりとふき取ります。
あとは日影の風通しの良い場所に立てかけてしっかりと乾燥させます。
野菜と果物などを切っただけなら軽く水洗いでも良いですが、肉や魚など匂いの強いものを切った場合は台所用洗剤でしっかりと汚れをとりましょう。
肉や魚を切った後のまな板には、肉や魚のたんぱく質がついています。簡単な水洗いだけで済ませるとそのたんぱく質が落ち切らないままになります。熱消毒すれば大丈夫と考えてそのままその上にお湯をかける方もおられるかもしれませんが、そうするとたんぱく質がまな板の上で固まってしまうので注意が必要です。
まな板は木のまな板と樹脂のまな板とあります。どちらにも良い点も悪い点もあるので、理解して自分に合った方を使われると良いと思います。


この記事をシェアする
TOPへ戻る